Aquano

〒356-0027 埼玉県ふじみ野市松山2-3-1

TEL049-250-9843

info@aquano231.com

Aquano利用料金表

August 4, 2019

August 3, 2019

August 2, 2019

August 1, 2019

July 30, 2019

July 29, 2019

July 28, 2019

July 27, 2019

July 26, 2019

Please reload

最新記事

取り扱いフードについて

May 20, 2019

1/8
Please reload

特集記事

つづき。フードの話

September 13, 2018

前回の続きです。

どうも勢いよく書き切らないと時間が空いてしまうクセがありますね^^;

頑張って書きたいと思います。

 

 

腸の話から始まりますが、腸の機能が低下するとなぜいけないのか?

内臓器官の一つだから。何となく大事なんです!

 

ではなくて。

 

その理由も兼ねて腸の話をします。

以前も少し触れたことがありましたが、フードの事を話す流れで健康の話になるのは必然なので、避けて通れないのが【腸の話】

 

なぜ腸が大切なのか?

 

最近は人の方でも注目されていますよね?こんな事を聞いたことはありませんか?

 

 

【腸は第二の脳】

 

こんな呼び名が付くほど、腸は体にとって重要な働きをしています。

身体の免疫機能の70%が腸にあると言われています。

(リンク貼ったら怒られるかな?でも載せときます。怒られたら消します。)

↓NHKスペシャル 超が免疫の鍵だった↓

https://www.nhk.or.jp/kenko/special/jintai/sp_6.html

 

人と犬・猫の主な内蔵機能は似ているので、ほぼ同じと考えても良いかと僕は思っています。

多分この記事を読んで貰えたら腸の大切さがわかるかと思います。

 

ちなみに腸には消化吸収以外の働きで、【解毒】という能力もあるんです。

解毒と聞くと他の内臓を想像しますが、まず腸で解毒されて、処理しきれないものが別の内臓器官へ託される。という段階があります。

なので、腸を健康に保つことで腎臓や肝臓への負担を減らすことができる。と考えられています。

 

そしてもう一つ。腸内環境(腸内フローラ)が良い状態でないとなぜいけないの?と思いますが、腸が汚い(腸内フローラのバランスが悪い)と、どんなに良質なフードを食べてもキチンと吸収することができないからなんです!

せっかく良質なフードを食べさせてあげるなら、しっかり栄養補給して欲しいですよね^^

 

腸が綺麗になると体質が変わる。つまり体質改善につながるので、涙やけやヨダレやけにも効果が出て来たりしますので、要チェックです^^

 

ついでに前回ビートパルプのお話が出ましたが、使用しているフードから不使用のものに切り替えると、便の量が増えることもあるそうです。

これは排毒している状態なので、続けてあげると落ち着いて来るので様子を見ててあげてください^^

 

 

 

さて、話が少し脱線したのでフードに戻ります。

 

最近CMなど始めて飼い主さんでも食べさせ始めているヨーロッパ系のフードがありますが、価格が高いなー。でも良いフードなんでしょ?

 

って与えている方も増えているようなんですが、ちゃんと内容見てもらうと意外とそこまで高い理由がわからない。なんてこともあります。

これは単純に輸送費がめちゃくちゃ高いということもあるので、注意してくださいね。

 

 

 

最近グレインフリーが流行っているようですが、当店ではフリーではない方が良いですよーっていう案内もしています。

が、食の細い子や、筋肉質、運動量の多い子は肉の多い食事、季節によってグレインフリーがオススメだったりもします。

これはライフスタイルに密接していることなので、一概には言えないことなので相談してください^^

 

そして一番やってはいけないのが、子犬の時の食事制限!!

成長段階で食事制限してしまうと、成長に必要な栄養素を取ることができず、精神的にも不安定になったり、知能の低い子に育ててしまったりしてしまう恐れがあるので絶対にやめましょう!!

食事制限することによって体が大きくならないなんてのは、ただの都市伝説です。

 

 

まだまだ内容はいっぱいありますが、結局一頭一頭合うフードは違うということで、迷った際は相談してください。

オススメのフードをご案内します。もちろん当店のフード以外もじゃんじゃん勧めます!笑

 

 

 

最後に、オススメできないフード。

もちろん絶対食べちゃダメってわけではありませんが。

 

低価格フード

着色料を使用しているフード

半生フード

ビートパルプ使用フード

 

こちらは内臓器官への負担が大きくなる恐れがあるので、オススメではありません。

 

特に低価格フードはレンダリングされた材料を使用している恐れがあるため、絶対にNGです。

 

レンダリングとは…

病気で死んだ家畜、事故死した野生動物、安楽死させた犬・猫など、人間が食用として利用できない副産物をごちゃ混ぜにして、栄養素としてペットフードに利用する技術。

 

成分表記の中に、動物性ミール、動物性タンパク質(牛、鶏など)、動物性油脂(牛、鶏など)のような表記を見かけたらレンダリングされたものと思ってください。

もちろん必要な栄養素は取れるので、総合栄養食として販売されていることもあると思います。

僕はあげたくないですけど。

 

あ、あとヒューマングレード』という造語にも注意してくださいね^^

あれはフードメーカーが謳い文句で言っているだけ。なんてメーカーもあるらしいので。

 

僕の個人的オススメはトレーサビリティーができるフードは信頼できるフードだと思っています^^

ぜひご覧ください!AquanoのYoutubeチャンネル⇨【https://www.youtube.com/channel/UCTXFAChc5Vpjf3AdH4h3T_w?view_as=subscriber】

 

Aquanoは、LINE@に登録しています。

予約や仕上がり後の写真のプレゼント、ポイントカードなどの特典もあるので、ぜひお友達登録お願いします。ID検索⇨:@bxf3179s

 

Aquano

埼玉県ふじみ野市松山2−3−1

049-250-9843

トリマー 中澤

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア